れのみの4コマ -不戦敗女のブログ-

4コマまんが、同人誌、コミティア、バイト生活、貧困女子・・・

カテゴリ: 漫画について

Kindleで4コマ本の2冊目を出してみることにしました。

cover-image2

「れのみの4コマ(自己都合編)」

先月に続き節操なしと思われそうですが今年中に2冊分の電子書籍を出すというのが最大目標だったのでどうかお許しを。ささやかな夢だったんです・・・・。

今回は新作の4コマも数本入ってますので・・。
16ページのショートまんがも入ってますので・・・。

ちなみにショートまんがは半年くらい前から4コマよりもショート描きたい欲求につき動かされてコツコツ描いていたものです。

最初の部分だけご紹介します。

r99

r100

r101

r102

...つづく!

気になった方は是非ともご購入よろしくお願いいたします。

11/21(月)発売開始です。

こちらからご予約およびお買い求めいただけます。↓

れのみの4コマ(自己都合編)




もしよければ1巻も・・・。

れのみの4コマ(生活苦編)





4koma

投稿や持込ではなく、4コマブログに描き始めてからはとにかく好き勝手描くことにしました。

自分の中で何が面白いのかわかっておらずブレブレになってしまうので探っていくためです。誰からも何も言われないのでストレス発散の場にもなっていました・・・。

ブログを始めた当初は誰にも何も言われないんだから思いっきり気持ち悪いもの描くぞ!というつもりで描きました。そもそもまったく訪問者がいなかったので、そのうち4コマのタイトルを検索に引っかかりやすいように思わせぶりに長くしたり・・・。

最初は誰にも何も言われたくない!わからないならそれでいい!という突っ張った気持ちだったのに、反応ゼロのままブログの更新を続けていると真っ暗い空間にボールを投げ続けているような気分になり、ぞっとしてしまい、次第に「誰か〜!誰か見て〜!誰か見に来て〜!誰でもいいから、一瞬の気の迷いでいいからコメントしてくれ〜!気の迷いで救える命がここにありますよ〜!自分以外の生体反応をくれ〜!自分の輪郭がわからなくなるよ〜!私はここにいるよ〜!!」と、人と関わりたい欲が出てきてしまいました。

そしてブログの宣伝のためにツイッターを始めたり、アメブロの中の4コマブログコミュニティに入ったり、にほんブログ村に登録してみたりしました。結局続いたのはツイッターだけでしたが。


ブログで4コマを発表するようになってからは、ネタっぽいものが描きたい!と思い、1発ネタを考えるつもりで描くようになりました。

ネタは主に、バイト中にお客の会話などから聞こえてきた適当な単語をメモしておき、バイト帰りにマックに寄って考えてました。

同じお題で1時間で4コマを描く、1時間4コマ会(通称1h4d)という掲示板に投稿したりしていたのもその頃だと思います。たくさん考えて早く描くことを重視していたのでメチャクチャ下らなくても無理があってもOKとしており1日5本くらい考えてました。

ネタを考える際にオチでうまいこと言うっていうのは4コマになる基準になると思うんですが、言葉遊びに頼り過ぎてしまったり新聞の4コマみたいになってしまうことに気付いて気を付けるようにしています。


そしてお題に沿って描くやり方もそろそろ出尽くしたかなというころ(バカなので前描いたお題かどうか覚えてられない)それまでなんとなく覆い隠していて(そっちの方がオシャレだと思っていた)気付く人だけにわかってもらえばいや〜とちょっぴり混ぜていた主張や感情を直球でぶつけだすようになりました。

そして今に至ります。

最初は思ったことをメチャクチャに書き出してセリフを削りまくって4コマにしている次第です。

相変わらずバイト帰りの喫茶店でウンウン唸りながらネームを描いているので見てもらえる場があって有難いなぁ〜と思います。おわり

偉そうにすみませんでした。

comitia01

自己流ですが4コマのネタ出しの方法を書き出してみようと思います。

私の4コマ投稿歴はおおまかに分けて

実家から持込・投稿時代

上京して持込時代

4コマブログ時代


みたいな感じです。

実家から投稿していた時は思いついた4コマをノートにどんどん描いていき、そしたら大抵1作品4ページくらいのものがいくつかできるんですが、投稿条件の8〜10ページくらいにできそうだな〜と思ったやつをもう4ページ分考えるというやり方でやっていました。

始まりと最後のオチがなんとなく決まっているので途中をなんとなく埋めていく感じでした。無印良品の4コマノートに体育座りでモソモソと描いていくスタイル。

描いていた内容はお気に入りのマイキャラを主人公にしたり動物やら果物が喋ったりエッセイ風のものだったりとにかくギャグ4コマ漫画です。

創作ものはなんとなくの思いつきに完全に頼りきっていたので、オッ1本ひらめいた!天才!イエーイ!という感じでした。バカですね・・・(今もですが)

エッセイ風のものは実話ベースに脚色したものなので友達に見せる絵日記気分で描いていました。

していた工夫をしいて言えば、ギャグにしたいのでちょっと悲惨な話は男性の主人公にしたり(POPになるので)自分の中でこれだ!っていうタイトルをつけたりとかですかね・・・。タイトル付けたさに漫画を描いたりしていたので。タイトル考えるの今でもめっちゃ好きです。

こうやって書き出してみるとなんかやってる人っぽいですね・・・。上京してからや4コマブログを始めてからはまたちょっとやり方が変わってきたので続きはまた書きます!

このページのトップヘ