れのみの4コマ -不戦敗女のブログ-

4コマまんが、同人誌、コミティア、バイト生活、貧困女子・・・

タグ:ブログ

4koma

投稿や持込ではなく、4コマブログに描き始めてからはとにかく好き勝手描くことにしました。

自分の中で何が面白いのかわかっておらずブレブレになってしまうので探っていくためです。誰からも何も言われないのでストレス発散の場にもなっていました・・・。

ブログを始めた当初は誰にも何も言われないんだから思いっきり気持ち悪いもの描くぞ!というつもりで描きました。そもそもまったく訪問者がいなかったので、そのうち4コマのタイトルを検索に引っかかりやすいように思わせぶりに長くしたり・・・。

最初は誰にも何も言われたくない!わからないならそれでいい!という突っ張った気持ちだったのに、反応ゼロのままブログの更新を続けていると真っ暗い空間にボールを投げ続けているような気分になり、ぞっとしてしまい、次第に「誰か〜!誰か見て〜!誰か見に来て〜!誰でもいいから、一瞬の気の迷いでいいからコメントしてくれ〜!気の迷いで救える命がここにありますよ〜!自分以外の生体反応をくれ〜!自分の輪郭がわからなくなるよ〜!私はここにいるよ〜!!」と、人と関わりたい欲が出てきてしまいました。

そしてブログの宣伝のためにツイッターを始めたり、アメブロの中の4コマブログコミュニティに入ったり、にほんブログ村に登録してみたりしました。結局続いたのはツイッターだけでしたが。


ブログで4コマを発表するようになってからは、ネタっぽいものが描きたい!と思い、1発ネタを考えるつもりで描くようになりました。

ネタは主に、バイト中にお客の会話などから聞こえてきた適当な単語をメモしておき、バイト帰りにマックに寄って考えてました。

同じお題で1時間で4コマを描く、1時間4コマ会(通称1h4d)という掲示板に投稿したりしていたのもその頃だと思います。たくさん考えて早く描くことを重視していたのでメチャクチャ下らなくても無理があってもOKとしており1日5本くらい考えてました。

ネタを考える際にオチでうまいこと言うっていうのは4コマになる基準になると思うんですが、言葉遊びに頼り過ぎてしまったり新聞の4コマみたいになってしまうことに気付いて気を付けるようにしています。


そしてお題に沿って描くやり方もそろそろ出尽くしたかなというころ(バカなので前描いたお題かどうか覚えてられない)それまでなんとなく覆い隠していて(そっちの方がオシャレだと思っていた)気付く人だけにわかってもらえばいや〜とちょっぴり混ぜていた主張や感情を直球でぶつけだすようになりました。

そして今に至ります。

最初は思ったことをメチャクチャに書き出してセリフを削りまくって4コマにしている次第です。

相変わらずバイト帰りの喫茶店でウンウン唸りながらネームを描いているので見てもらえる場があって有難いなぁ〜と思います。おわり

偉そうにすみませんでした。

Renomi(れのみ)の毎日4コマ【4コマギャグまんが】

031



このページのトップヘ